2017年03月20日

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 2期 48話 約束 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 2期 48話 約束 感想



鉄華団の火星の拠点をギャラルホルンの大群で包囲されてしまった。
ラスタル・エリオンが火星に到着するまで現状維持の命令。
鉄華団を脱退した、ザック・ロウたちも身動きがとれません。

この様子を世界に向けて放送しているようですね。
マクマード・バリストン、蒔苗東護ノ介、ククビータ・ウーグが聞いています。

マクギリス・ファリドは三日月・オーガスとともに
ガンダム・バルバトスルプスレクスの前で会話をしています。
三日月・オーガスのやりたいことは何かと尋ねていますね。
三日月はオルガ・イツカのやりたいことが俺のやりたいこと、
と答えていますが。
まあ、ずーとそんな感じですけど。

かわって鉄華団では作戦会議です。
全滅に見せかけての逃亡の作戦。
鉄華団本部には厄祭戦時代の伝道ケーブルのある通路があるらしい。
そこから逃亡できれば、という話。

マクギリス・ファリドとオルガ・イツカが今後の事について話をしていると、
ナディ・雪之丞・カッサパからの通信。
通路は手作業で直せば何とかなりそうなのか。

そして、マクギリス・ファリドは一人でギャラルホルンの包囲網を突破するらしい。
これを鉄華団が利用するかどうかは自分たち次第。
マクギリス・ファリドにとっても鉄華団の作戦は利用価値があるらしい。
しかし、どうやって一人でギャラルホルンの包囲網を突破するのか?

車を用意してアトラ・ミクスタ、クーデリア・藍那・バーンスタインはアドモス商会に向かうようだ。
その方が安全だから、そして、蒔苗東護ノ介との通信もできるため。

マクギリス・ファリドはガンダム・バルバトスルプスレクスの前にいた三日月・オーガスをスカウトします。
結果的に相手にもされませんでしたけど。
ガンダムのこの名前は「狼の王」という意味なのですね。
マクギリスがそう説明してくれました。
名前の意味について調べなかったな。
今更ながらですけど。

そこへ、オルガ・イツカがやってきて、うちの団員を勝手にスカウトしてんじゃねー、って。
マクギリスはスカウトをやめて、一人、包囲網突破に向かっていきます。

オルガ・イツカと三日月・オーガスによる火星の王についての会話。
火星の王。
なり損ねちゃったのね。
まあ、まだわからないですけど。
これが鉄華団にとっての本当のゴールかどうかも誰にもわからないですからね。
なかなかしんみりとしたシーンです。

で、翌朝。
あ、すぐではなかったですね。
いろいろと準備に時間がかかったのでしょうか。
いよいよ、ガンダム・バエルが行動を起こし、
オルガ・イツカ、アトラ・ミクスタ、クーデリア・藍那・バーンスタインの3人はクリュセに向かいます。

ガンダム・バエルがギャラルホルンの大群に突っ込んでいこうとしたら、
イオク・クジャンのMSが1機で突っ込んでいきます。
先にガンダム・バエルからの攻撃を受ける必要があるようです。
攻撃されたら、ギャラルホルンも攻撃する理由ができますから、
その理由を作るためですね。

イオク・クジャンのMSはあっさりとやられてしまいます。

ギャラルホルンの大群を圧倒するガンダム・バエル。
その隙にオルガ・イツカ、アトラ・ミクスタ、クーデリア・藍那・バーンスタインの3人を乗せた車は
ギャラルホルン包囲網を突破しようとします。

みごとに突破し、アドモス商会にたどり着きました。
ここで、ギャラルホルンは鉄華団に対し、降伏勧告をしたことを知りますが、
まあ、そんな話は無かったわけで、通信を遮断したのはこのためということを知ります。

そして、蒔苗東護ノ介との通信のシーン。
個人IDを書き換えるのは重罪のようですね。
地球までこれればやってくれるそうです。
そして、蒔苗東護ノ介の事務所にはタカキ・ウノがいました。
今はここで働いているそうです。

そして、アドモス商会にはアジー・グルミン、エーコ・タービンからのメールが来ていました。
荷物にまぎれこませてどこへでも運んであげる、という内容。
ああ、これは助かりましたね。
輸送船っぽい船のブリッジのシーンが出てきましたが、
アジー・グルミンの見た目が何だか名瀬・タービンのファッションスタイルに近い気がします。
まねでもしているのでしょうかね。

手配がいろいろと整ったので、
鉄華団本部に戻ろうとアドモス商会のビルを出たところで、
オルガ・イツカたちは襲撃されます。
どうやら追跡されていたようですね。

何とか立ち上がって歩き出すオルガ・イツカ。
でも倒れてしまいます。

ここで今回は終了です。
うーん、オルガ・イツカがやられてしまったか。
作戦が上手くいきすぎな感じだったのか。
いやいや、ギャラルホルンが上手だったのか。
誰の作戦なのか。
そこまで、ラスタル・エリオンが手配していたのか。
様々な疑問が湧いてきました。

次回予告はマクギリス・ファリドという題名で
マクギリス・ファリドの回なのか。
今回の展開と関わる内容がわからなかったので、
何とも言えないけど、オルガ・イツカは無事なのか?

あ、そういえば、トド・ミルコネンってまだいましたね。
モンターク商会の。
どこかで反撃の下準備でもしていたら面白いんですけどね。

次回以降が気になりますね。

GGG-DX 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ クーデリア・藍那・バーンスタイン フィギュア
あみあみ 楽天市場店

【関連する記事】
posted by アニメファン at 09:17 | TrackBack(0) | 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448154004
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック